オートメーション製品

 

 
 
 
 

オートメーション機器

HDX (水素重水素置換反応装置)

HDXは医薬品開発におけるタンパク質結合研究に欠かせないツールとなっています。HDX-MSは重水中でのアミドプロトンの交換反応の経時変化を質量分析計によりモニタリングする手法です。
15年以上にわたりトレイジャンのオートメーションチーム(正式にはLEAP Technologies)はHDX実験の自動化を行っており、この分野のリーダーです。
当社のHDXプラットフォームは質量分析計と組み合わせることで従来の手法よりも迅速にタンパク質に対する多くの情報を得ることを助けます。
HDX__MFX_Collector
【特長】

Chronosコントロールソフトウェアによる管理
• 正確なタイミングで交換
• 試験の再現性
• マルチバルブ制御でのLC-MSシステムへの消化ペプチドのトラップと溶出
• スループットの最適化
• シンプルなGUI
• 高度なメソッド編集機能
• Sierra Analytics HDXのデータ解析ソフトHDExaminerと統合
• 解析ソフトのHDExaminerは互換性が高く様々なデータフォーマットが利用可能

【アプリケーション例】

• タンパク質の高次構造解析
• タンパク質タンパク質相互作用(PPI)
• エピトープの特定(エピトープマッピング)
• タンパク質の凝集

 

Automation - HDX

 

 

MFx collector (高性能フラクションコレクター)

MFx Collectorは、最もシャープなピークで高信頼性があるフラクションコレクションを最適に行えるように、使いやすくデザインされています。
スマートなソフトウェアの機能と自動化により、このフラクションコレクターシステムは、今日利用可能なシステムの中で最も再現性が高く、互換性の高いプラットフォームです。
MFx collector

 

MFx Collector

 

 

LEAP PAL Automation

サンプル前処理及びハンドリングの次世代PALシステム PAL3

GC/MS、LC/MSの自動前処理サンプラーとして利用されてきましたが、マルチツールを利用可能にした次世代PAL RTCによって、複数ステップ前処理などより煩雑な前処理自動化が可能になりました。

 

高い生産性を有するPAL RTC  
  • Robotic Tool Changeを有するPAL RTCは、PAL-xtの論理的革新と進化形です。謂わばサンプル前処理の充分且つ安全な自動化のロボティックプラットホームです。
  • ツールのロボティックチェンジは煩雑なワークフローであってもラボの生産性を大幅に向上させ、無休の稼働を可能にします。同時にすべての操作はトレーサブルのためにプロセスの安全性が最適化されます。
LEAP PAL Automation
高稼働率のPAL RSI  
  • RSIは分析ラボにとって堅牢で稼働率の高いものになります。つまり堅牢性と妥協のないパフォーマンスを必要とされるラボにとっては高い費用対効果を発揮します。PAL RSIは手動によるToolの交換が可能で、GC分析においては、液体注入分析、ヘッドスペース、SPMEなどの併用、LC分析では、サンプル量に合わせたスケールの異なるシリンジやバルブ(ループ)の交換によって多様な分析を実現します。
 
信頼性の高い液体注入サンプラーPAL LSI  
  • LSIはPALシステムから期待される堅牢性を有しています。GC用液体注入アプリケーションとして完成されています。LSIは老朽化したタワー型インジェクターの優れた更新用モデルで、日常業務にオープンプラットフォームを提供します。
 

 

LEAP PAL Automation

前処理の自動化に利用可能なツールやモジュールを組み合わせて、独自の前処理ワークフローを自動化します。

使用可能なツール  モジュールはこちら

ツール・モジュールの組み合わせ例はこちら

NMR Prep ワークステーション

新しいNMR Prepstationはサンプル調製ワークフローを改善するモジュール型のソリューションです。
NMRの基本的なワークフローは、
  • 重溶媒の添加
  • NMRチューブへのサンプルの採取(1mm, 1.7mm, 3mm, 5mm径)

煩雑なサンプルハンドリングとしては、

  • 異径チューブへの採取
  • 加熱、冷却、攪拌
  • 連続希釈と標準試料調製
  • インラインSPE、液抽出
  • ポリマー溶解 
NMR Prep ワークステーション
Chronos* ソフトウェアによって、NMR Prepstationは既定設定で“押すだけ”のユーザーインターフェースシステムとして構成するか、または多様なワークフローをカスタムシーケンスで構築し実行する、双方の使用を可能にします。(*Chronosの詳細は製品詳細をご覧下さい。)  

 

製品の詳細はお問い合わせください。

 

Infusion Automation 

ハイスループット、高感度、低いキャリーオーバー:Trajan LEAP Automationの新しいInfusion Automationは脂質のインフュージョン質量分析ワークフローに必要なパフォーマンスのすべてをもたらします。

キャリーオーバーを排除した最も柔軟で一貫性のあるシステム

  • 5 – 100μL/minのインフュージョン流速
  • 脈動のない正確な送液
  • 独自の不活性化技術による低キャリーオーバー
Infusion Automation

低キャリーオーバーのメカニズム

  • LCMSツールによってツール内のループに採取されたサンプルは、ガラスバレルに触れることなく注入されて質量分析計に送られます(左図)。
  • 測定終了後、Wash pump 2のラインから洗浄溶媒により系内のクリーニングをします(中央図)。
  • クリーニング終了後Wash pump 1のラインに切り替わり、次検体のためのコンディショニングをします(右図)。
 Infusion Automation

 

Infusion Automation  

 
 
ホームページ作り方