オートメーション製品

 

 
 
 
 

オートメーション製品

HDX(水素重水素交換)MS 

HDXは医薬品開発におけるタンパク質結合研究に欠かせないツールとなっています。HDX-MSは重水中でのアミドプロトンの交換反応の経時変化を質量分析計によりモニタリングする手法です。

15年以上にわたりトレイジャンのオートメーションチーム(正式にはLEAP Technologies)はHDX実験の自動化を行っており、この分野のリーダーです。
当社のHDXプラットフォームは質量分析計と組み合わせることで従来の手法よりも迅速にタンパク質に対する多くの情報を得ることを助けます。

【特長】
Chronosコントロールソフトウェアによる管理
• 正確なタイミングで交換
• 試験の再現性
• マルチバルブ制御でのLC-MSシステムへの消化ペプチドのトラップと溶出
• スループットの最適化
• シンプルなGUI
• 高度なメソッド編集機能
• Sierra Analytics HDXのデータ解析ソフトHDExaminerと統合
 解析ソフトのHDExsaminerは互換性が高く様々なデータフォーマットが利用可能

【アプリケーション例】
 タンパク質の高次構造解析
 タンパク質タンパク質相互作用(PPI)
 エピトープの特定(エピトープマッピング)
 タンパク質の凝集

Automation - HDX 2020.06

 

MFx Collector (高性能フラクションコレクター) 

MFx Collectorは、最もシャープなピークで高信頼性があるフラクションコレクションを最適に行えるように、使いやすくデザインされています。

スマートなソフトウェアの機能と自動化により、このフラクションコレクターシステムは、今日利用可能なシステムの中で最も再現性が高く、互換性の高いプラットフォームです。

 

 

 

   
MFx Collector  

 

 ProDx Proteaseカラム

 ProDx Proteaseカラムは、HDX反応を行うための理想的な温度0℃で使用するために最適化されています。

改良されたプロテアーゼカップリングは非特異的結合からキャリーオーバーを低減し、一方で低い背圧は過圧漏れやコンタミネーションの可能性を最小化します。
新しいLEAP HDXバルブシステムと合わせることで、フリッツに注入されているもの、もしくは未消化物質を取り除くために自動的にバックフラッシュを可能にします。
ProDx ProteaseカラムとトラップカラムをHDX実験で使用することでデータの信頼性を確実にします。

 機能と利点

• ワークフロー効率を改善し、装置のダウンタイムを短縮
• 0℃で最適化
• 低いキャリーオーバーと脱塩効果の向上
• 高耐圧ハードウェアは20,000psi(1,379bar)で使用し続けるように設計
• 多くのフラグメント重複を確認できる高い信頼性
• LEAP HDXバルブシステムによる自動バックフラッシュ


Proteaseカラム

 

配管部品

PEEKチューブ

TrajanのPEEKチューブは、厳しい内径公差と滑らかな内面により、クロマトグラフの流速再現性を保証します。

機能と利点
・耐薬品性に優れ、不活性で一般的な溶剤に使用できます。
・例外として、非常に腐食性の高い溶媒、強酸および塩基には不向きです。
・バイオイナート、バイオコンパチブルです。
・内径を簡単に識別できるように業界標準の色分けをしています。
・色落ちしない着色剤を使用しています。
・滑らかな内面と正確な内径です。
・ポリマーまたはステンレス継手の両方で接続可能です。
・顧客のニーズに合わせて製造することができます。

 仕様
・最高100℃で連続使用が可能です。
・使用圧力範囲は最大10,000 psi(690 bar)です。(サイズによって異なります)
・2〜14の広いpH範囲で使用できます。

PEEKチューブ-製品カタログ 

 

PEEKSilチューブ

 

内面はフューズドシリカの優れた滑らかさと不活性さを持ち、外面はPEEKでカバーし強靭な堅牢性を持ちます。高い耐圧を持ち、キャピラリーLCやLC-MSのアプリケーションにも適応可能です。内径0.025~0.53mm、外径1/16インチ・1/32インチ・0.36mm、長さ50~100mm特注長さでの供給も可能です。 別途ご相談ください。

 PEEKsilチューブ-製品カタログ   

 

 

 

 

 
 
ホームページ作り方